MENU
2020.05.18

病院に行かずに電話診療・処方箋の発行が可能

covid-19_04

病院に行かずに電話診療・処方箋の発行が可能

びょういんに行かなくても、電話でけんこうの そうだんができます。また、医者からの くすりのしょほうせん(きろくした紙)がもらえます


<対象>

どんな人?

慢性疾患のある人で、電話診療・処方箋の発行を希望する人

長く病気にかかっている人、なおりにくい病気の人で、電話でそうだんしたい人、医者の くすりの しょほうせん(きろくした紙)がほしい人

<概要>

ないよう

一部の病院では、高血圧など持病がある人は、病院に行かずに電話やタブレットを使って医師の診察を受けることができます。そして治療薬の処方箋を、患者の希望する薬局または本人にFAXで送ってもらうこともできます。

ぜんぶの病院では ありませんが、こうけつあつ(けつあつの高い人)など、なかなかな おらず、いつも もっている病気がある人は、病院に行かなくても電話やタブレット(オンライン)で 医者に みてもらうことができます。そして、みてもらった後、どのくすりを使うのか、きろくした紙を、あなたが おくってもらいたい やっきょく(くすりや)または、あなたに FAXで おくってもらうことができます。

新型コロナウイルスの感染が疑われる方については医師との対面による診療が必要ですが、感染者との濃厚接触が疑われる人は、まずは遠隔で健康相談や受診勧奨を受けることができます。

COVID-19 かもしれない方は、びょういんで 医者にみてもらうことが ひつようですが、まず、電話、またはオンラインで けんこうそうだんや しんさつがひつようかどうか、教えてもらうことができます。

この取り組みは、風邪などの症状のない人には通院回数を減らしてもらうことで、病院の混雑を避け、新型コロナウイルスへの感染リスクを低くする狙いがあります。すべての病院が対応しているわけではありませんので、まずは受診したい病院に電話で問い合わせてみる必要があります。

これらのもくてきは、びょういんに行く回数を 少なくして、びょういんが こまない(人がたくさん行かない)ように、そして、COVID-19に かかるリスクを 少なくすることです。
ぜんぶの びょういんではありません。まず、あなたのいきたい びょういんに電話で きくひつようがあります。

<問い合わせ先>

下記の言語に対応している病院のリストがこちらから検索できます。右上のタブより英語、中国語、韓国語の表示に切り替えられます。

病院対応言語:英語、中国語、韓国語、ロシア語、インドネシア語、マレー語、スペイン語、ポルトガル語、モンゴル語、フランス語、ドイツ語、ペルシャ語、チベット語、タガログ語、ネパール語、ベトナム語、タイ語、ポーランド語、ルーマニア語、シンハラ語、ヒンディー語、イタリア語、クメール語、ラオス語、アラビア語

どのびょういんで みてもらえるのか、「こちら」から しらべられます。えいご、ちゅうごくご、かんこくご で見ることができます。

びょういんがわかることばは:えいご、ちゅうごくご、かんこくご、ロシアご、インドネシアご、マレーご、スペインご、ポルトガルご、モンゴルご、フランスご、ドイツご、ペルシャご、チベットご、タガログご、ネパールご、ベトナムご、タイご、ポーランドご、ルーマニアご、シンハラご、ヒンディーご、イタリアご、クメールご、ラオスご、アラビアご

前のページへ戻る